ベジママ 最安値

ベジママの効果的な飲み方

せっかく購入したサプリですから、しっかり効果が出る飲み方をしたいものですね。
この記事ではおすすめの飲み方をまとめています。

 

おすすめの飲み方

 

飲むタイミングについて

 

公式サイトのQ&Aには、
「ご都合の良い時に水またはお湯とともにお召し上がりください。」とあります。

 

飲み忘れがないよう、毎日きまった時間に同じ飲み方で飲むのが良いと思います。私は飲み忘れないよう、キッチンの水道の横に置いています!

 

飲む量について

 

ベジママは、1日に4粒ずつ飲むように作られています。
これは、葉酸の必要摂取量を一つの基準として考慮されている量です。

 

葉酸の摂取については、厚生労働省からの呼びかけもあります。
大きな理由としては、神経管閉鎖障害のリスクを下げて元気な赤ちゃんを迎えるためです。
その必要な摂取量として、1日400μg(0.4mg)とされています。

 

4粒のベジママを飲むことによって、400μgの葉酸を摂取することができるようになっているんです。ちなみに、過剰摂取になる数値としては1日当たり1000μg(1mg)をオーバーしないようにすることも呼びかけられています。

 

飲む期間について

 

ベジママを飲む期間については、妊活を意識し始めてから産後まで飲むことをおすすめします。その期間をサポートしてくれる成分が配合されているからです。

 

ピニトールと葉酸の働きで、まず生理周期と排卵日が安定するようになるので、妊活の助けになってくれます。

 

また、ベジママに配合されている成分には、胎児の健康を守るための栄養として、母体を貧血などから守る成分として、必要なものが含まれています。

 

産後と授乳期間について

 

産後や授乳期間についても、葉酸の摂取量は1日に340μgと推奨されています。また、そのうちの100μgは、サプリ以外からの摂取が好ましいと言われています。

 

ベジママ4粒で400μgとして考えると、1粒あたりの葉酸の量は100μgになります。ですから、妊娠初期は4粒、産後、授乳期間は様子を見ながら3粒~1粒と飲む量を調整してみてくださいね。

ベジママは男性が飲んでも良い!

葉酸とピニトールには、男性にも働きかけるポイントがあります。

 

葉酸は、男性の精子に関わる「染色体異常」も軽減すると言われています。流産のリスクを下げるためや健全な赤ちゃんの出産のためには、男性にも葉酸はプラスになるということです。

 

ピニトールについては、ED(勃起不全)と男性による不妊になるリスクを軽減することが期待されるようです。

 

ちなみに、飲む量については妊活中の男性の葉酸摂取必要量は240μgとされているので、女性の半分を目安にしてください。

ベジママを飲んではいけない人は?

飲んではいけないということで考えられる副作用の心配はありません。
公式サイトのQ&Aでは、「基本的にはお薬と併用してもほとんど問題はありませんが、お薬を服用されている方はあらかじめかかりつけの医師または薬剤師にご相談されることをおすすめします。」と記載されています。