ベジママ 最安値

ベジママが妊活に最適な理由は?

数ある妊活・葉酸サプリのなかでベジママが注目されているのには理由があります。
葉酸サプリなどは妊娠しやすい体を作るというよりは、胎児の栄養のために必要なものです。しかしベジママは葉酸だけではなく【ピニトール】という妊娠しやすい体を作るために注目されている成分が配合されています。このため、「妊活中」のサプリとして多くの人に選ばれているんですね。

 

ベジママの最大の特徴は「ピニトール」配合

 

元気な赤ちゃんを授かりたい女性の妊活のために、普及しているママ活サプリは葉酸やマカ、たんぽぽエキスが配合されたものが一般的です。

 

葉酸サプリの狙いは、着床率の向上や受精卵保護による妊娠力を向上させることです。この「ベジママ」はそれだけではなく、さらに注目の成分「ピニトール」が配合されているのが最大の特徴です。

 

「ピニトール」は海外では妊娠のための栄養補給として広く利用されている成分です。

 

ピニトールを体内に摂取すると、「カイロイノシトール」という物質が生成されるのですが、妊活で思う通りの結果が得られない人は「カイロイノシトール」が足りないと言われています。

 

Wikipediaの情報で補足すると、
『ピニトールを脱メチル化して生成されるカイロ-イノシトールは、不妊の原因の一つとされる多嚢胞性卵巣症候群の改善に効果が有るとされ、アメリカなどで研究が進んでいる。』ということです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%8B%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB#cite_note-5

ベジママの成分は?

ママの体になるための成分として配合されているのは、ピニトール、ビタミンC、ビタミンE、葉酸、ビタミンB12、ルイボスの6つです。

 

ビタミンCとビタミンE

 

ビタミンCとビタミンEは、活性酸素がもたらすリスクから妊活中の女性を守ってくれます。抗酸化作用のあるビタミンCとビタミンEが余分な活性酸素を取り除いてくれるのです。

 

活性酸素はウイルスや細菌と戦うために作り出されるのですが、活性酸素が増えすぎると体内の必要な細胞までも攻撃するようになってしまうのです。

 

心身ともに受けるストレスから増えた活性酸素は、卵子の老化を進めてしまったり、精子のDNAを傷つけてしまったりすることがあります。

 

葉酸

 

葉酸には、妊娠力をアップさせる役割と赤ちゃんの健康を守る役割があります。

 

まず、葉酸の子宮内膜強化と子宮内の血流促進によって妊娠力をアップさせてくれます。そして、着床促進や受精卵の成長に働きかける作用で、元気な赤ちゃんが生まれてくるようにサポートしてくれます。

 

ビタミンB12

 

ビタミンB12には、「赤血球を作る」「睡眠リズムを整える」「正常な神経を保つ」というの3つの役割があります。ビタミンB12は、妊活中、妊娠中、産後には不足しやすいので充分に補う必要があります。

 

ルイボス

ルイボスには、妊娠に必要な亜鉛・鉄分・セレンがふくまれています。

ベジママは副作用がある?

ベジママには副作用の心配はありません。
妊活中も、妊娠中も、産後も安心して摂取できる栄養機能食品です。

 

品質面についても、公式サイトのQ&Aでピニトールの原料のアイスプラントは完全閉鎖型植物工場で栽培されていることが明記されています。